校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 5 月 のアーカイブ

土曜参観ありがとうございました

今日は土曜参観日。大勢のご来校ありがとうございました。子どもたちが元気に学習している様子をご覧いただけたことと思います。

お家の方にも授業に参加していただき、にぎやかに授業を行ったクラスもありました。

3校時は学年学級懇談会と並行して、校長講話と全校音楽でした。校長講話では、「家族ってなんだろう」ということについて、パラパラマンガで有名なお笑い芸人・鉄拳さんの作品や、道徳の資料などから考えました。今日の校長先生のお話は、こちらからご覧いただけます。

ページの先頭にもどる

音楽鑑賞教室 和楽器の調べ

今日は音楽鑑賞教室。阿智村を本拠地に全国的に活動をしている和楽器グループ「和力(わりき)」の皆さんが来てくださいました。約1時間に渡り、琴や尺八、三味線に和太鼓といった「和」の響きをじっくり聴かせてくださいました。和楽器は、私たちが普段ふれている鍵盤ハーモニカやリコーダーなどと違い、調整方法も演奏方法も非常に熟練が必要なものですが、その音色はやはり日本人の感性をダイレクトに揺さぶってくるものだと感じました。低学年の皆さんも、最後までよく聴くことができました。

ページの先頭にもどる

全校集会 本に親しもう

「あおば読書旬間」が始まっています。今朝は図書委員会の皆さんによる、全校集会がありました。楽しい図書館の紹介や、本の紹介です。皆さんに本を読んでもらおうと、図書館の先生や図書委員会の皆さんが、毎日頑張っています。この機会にぜひ学校でもお家でも、本に親しんでほしいと思います。

ページの先頭にもどる

魚の体のしくみ

理科室に入ると、「うっ!」とくるサカナのにおい。今日は5年生が理科で魚の体のしくみを学習するために、サバの解剖です。新鮮な生サバを、出刃包丁ではなくハサミで頭からじょきじょき、切り開いていきます。エラや眼球、内臓などを取り出してつぶさに観察していました。普段食べているサバですが、あらためて観察してみると、また新しい発見があったのではないでしょうか。また家でお魚をさばく機会があったら、体のしくみを観察してみましょう。

ページの先頭にもどる

クラブは楽しいな

今年2回めのクラブ活動がありました。クラブによっては、地域の方が講師としてご指導においでくださっています。この理科実験クラブもその一つ。この日は「スライムを作ろう」ということで、洗濯のりとホウ酸水を使って、あの懐かしいツルツルねばねばの、スライムを作りました。さらに、でき上がったスライムにストローを差し込んで息を吹き込むと、風船のように大きく膨らみます。スライム風船でしばらく楽しんだあとは、みんなお土産に持って帰りました。楽しい実験にみんな大喜び。毎回ご指導ありがとうございます。

ページの先頭にもどる

5年生 田起こし始まってます

毎年米作りに取り組んでいる5年生。今年も田起こしが始まっています。今日も一つの学級が水路掃除と田起こしに汗を流していました。今日は日中30度を超える暑さになり、人力での田起こしは相当大変だったと思います。最終的にはトラクターで一気に耕起してくれるのですが、米作りの大変さを体験するには貴重な機会かと思います。秋の収穫祭でおいしいお米が食べられるように、がんばりましょう。

ページの先頭にもどる

地区子ども会・集団下校訓練

年度初めの地区子ども会と集団下校訓練がありました。地区子ども会では一年間の計画や危険箇所について話し合い、それが終わったところで地区ごとにまとまって集団下校となりました。地区評議員の皆さんや、引き渡し責任者の保護者の皆さまには、お忙しい中ありがとうございました。

上履きを持ち帰ったので、週明けに忘れないようにしましょう!

 

ページの先頭にもどる

じゃがいも 大きくなりました

支援学級の畑では、じゃがいもがだいぶ大きくなりました。この日は2つの学級が芽欠き作業に出てきました。元気の良い芽だけを残して、あとの芽を抜き取ります。こうすることで大きないもが採れるようになります。追肥と土寄せをして、作業終了。またもう少ししたらさつまいもを植えます。どちらもたくさん採れるといいですね。

ページの先頭にもどる

校長講話 もののいのち~もったいない~

 「もったいない」皆さんはどんなときに感じますか。身の回りには物があふれ、買った方が早い、買った方が安いということはいくらでもあります。また、思い切って捨てることが美徳であるかのような風潮が一部には存在しますが、物にも命があるのですね。えんぴつ1本にも、それを作ったり流通させたりするのに大勢の人のご苦労がありますし、原料の木材は自然の木の命を絶って、それを頂いてきたものです。早いこと、安いことも大切ですが、「もったいない」の精神はみんなが忘れないで持っていてほしいですよね。身近なところで、皆さんは何ができるでしょうか。考えてみましょう。

今日の校長先生のお話は、こちらからご覧いただけます。

ページの先頭にもどる

みんなだいすき伊賀良図書館

毎週水曜日は、支援学級の子たちが伊賀良図書館に行く日です。この日は、図書館の先生が紙芝居を見せてくださいました。楽しい紙芝居に子どもたちも惹きつけられていました。学校のすぐ近くにこのような図書館があって、本校の子たちは恵まれていますね。今年もお世話になります。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->