校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2018 年 6 月 のアーカイブ

4年 社会見学(長野方面)

6月28日 4年生が長野方面へ社会見学に行きました。梅雨で雨模様の天気でしたが、1日を予定通り過ごし、ほぼ時間通りに全員無事に帰校しました。高学年になり、集団行動が上手になってきた4年生です。初めての1日を通した社会見学で、たくさんのお土産話を持って帰ったことでしょう。

善光寺では、ガイドさんの話をしっかり聞くことが出来ました。

県庁でも真剣にメモをとる子どもたちです。

昼食は、宿坊で精進料理をいただきました。

最後の見学地は県立歴史館です。

ページの先頭にもどる

歯科指導

6月25日~29日はデンタルウイークですとお伝えしましたが、週間中の行事として、歯科指導を行いました。歯科医の先生や、歯科衛生士さんに来ていただき、子どもたちに、歯の大切さのお話をしていただくと共に、正しい歯の磨き方を指導していただきました。子どもたちは、染色液を使って磨き残しの場所を知り、入念に歯みがきをしていました。全校の虫歯「367本」が「0本」になる日も近そうです。

磨き残しがないように、正しい歯の磨き方を教えていただきました。

 

ページの先頭にもどる

デンタルウイーク

6月25日~29日は、デンタルウイークです。保健室や児童会保健委員会が中心となって、虫歯予防を呼びかけています。昇降口には、学年毎の虫歯の様子が張り出されています。春の歯科検診では、全校で「367本」の虫歯が見つかりました。それが「0本」になるように取り組んでいます。

虫歯のあった歯に赤いシールでマークがついています。一目でどこの歯に虫歯が多いかが分かります。

ページの先頭にもどる

渡り廊下が新しくなりました

6月25日 朝登校した子どもたちは、「おっ 新しくなった。」「今までよりきれいになったね。」など、声を上げていました。それは、中校舎から北校舎につながる渡り廊下が新しくなったからです。北校舎に入る段差をなくすために木製のスロープがありましたが、それも新しくなりました。これらは、伊賀良小学校笠松運営協議会(学校評議員会のような組織です)において、学校支援ボランティアとして募集し、集まって頂いた皆さんが、24日の日曜日に作成してくださったものです。学校支援ボランティアには、今回のような学校環境を整えてくれる「環境ボランティア」の他に、授業や体験学習を助けてくれる「学習支援ボランティア」や「体験ボランティア」、子どもたちの安全を見守る「安心・安全ボランティア」などがあります。今回は、地域へチラシを通して呼びかけたところ、すぐにボランティアの方が集まって作成してくれました。このように、地域の力に支えられながら、子どもたちの学校生活が充実し、安心・安全が確保されているわけで、本当にありがたいことです。

新しくなった渡り廊下。新しい木の香りが匂ってきそうです。

通っていく子どもたちの足取りも軽いように感じられます。

ページの先頭にもどる

音楽会

6月22日に音楽会が行われました。梅雨空でしたが、雨が降ることはなく、体育館もさほど暑くない爽やかな空気の中で、子どもたちは練習の成果を十分に発揮し、感動的な音楽会になりました。それぞれの学年・学級が、音楽の授業を通して地道に練習を重ねてきた成果が、工夫を凝らした発表を通して、聴く者に感動を届けてくれました。「爽やかないい匂いのする」音楽会になりました。

最後の全校合唱「歌よありがとう」

ここからは、オープニングで使われた各学年の紹介プレゼンをご覧下さい。

1年生 はじめての音楽会。各クラス毎にがんばりました。

2年生 各クラス昨年より成長した姿を見せてくれました。

3年生 中学年らしい声・演奏技術を披露してくれました。

4年生 学年での歌声は迫力がありすばらしかった。

5年生 鍵盤ハーモニカ奏と合唱、どちらも高学年らしく、積み重ねられた練習の成果を発揮しました。

6年生 さすが最高学年という発表でした。心と体、声がそろった感動的な発表になりました。

 

ページの先頭にもどる

音楽会近づく

6月20日 音楽会を2日後に控え、全校音楽が行われました。この日は最後に全校で歌う「歌よありがとう」の練習を行いました。各学級・各学年でも、残り少ない練習に力が入っています。22日の音楽会では、子どもたちは練習の成果を発揮してがんばりますので、是非ご来校ください。プログラムはこちらをクリックしていただくとご覧になれます

音楽の先生の指揮に合わせてみんなで声をそろえて歌います。ステージの登っているのは6年生です。

ページの先頭にもどる

田植え 5年生

6月8日 5年生が田植えを行いました。田おこし、代かき、畦塗りと準備を進めてきた田んぼに、いよいよ苗が植えられました。子どもたちは、今までの準備をふり返りながら、よいお米に育つように祈りながら、一本一本ていねいに植えていきました。5年生が植えたお米は「天竜乙女」で、飯田下伊那でずっと作られてきた「秋晴れ」の後継品種として導入された長野県特産の品種です。

みんなで力を合わせて田植えを行いました。収穫は10月初旬。それまでには、田の草取りなどまだまだ大変な作業が待っています。

ページの先頭にもどる

校長講話 6月

6月13日 朝の活動の時間に、校長講話が行われました。今回の講話は「長野県」の成り立ちについての話を聞きました。明治初期には「伊那県」があり、伊那が長野県の元になっていたという話や、「筑摩県」と「長野県」に分かれていた時代があるという話を聞きました。その中で、長野と筑摩で分裂しそうになった時、「信濃の国」によって全県がまとまったという話しも聞きました。今年は、昭和43年の長野国体の際に「信濃の国」が県歌として制定されて50年目だそうです。子どもたちは、これからも関心を持って「信濃の国」を歌っていくことと思います。校長講話の詳しい内容については、校長室だより「笠松山を仰ぐ」をこちらからご覧下さい。

県歌「信濃の国」で全県がまとまったという話を聞いて、長野県民として、後世まで歌い継いでいきたいという思いを深くしました。

ページの先頭にもどる

第3回 クラブ活動

6月12日 3回目のクラブ活動が行われました。理科実験クラブでは、地元の企業「ミナト光学」の方が、実体顕微鏡を持ってきて下さり、顕微鏡観察の学習を行いました。立体的に見える実体顕微鏡を使って、身近な花や虫、石などの自然物から、硬貨、印刷物など人工的なものまで、様々なものを観察することが出来ました。虫眼鏡では見られない新しい世界をのぞき見ることが出来、子どもたちも興味を深めていました。

ミナト光学の方は、飯田市のおもしろ科学実験工房(本校の理科実験クラブの外部講師)の紹介で来て下さいました。

ページの先頭にもどる

人形劇のお話を聞きました

6月11日 朝の全校集会の時間に、飯田人形劇カーニバルで巨大人形劇を演ずる皆さんが来校され、巨大人形劇「さんしょううお」のお話をお聞きしました。体育館には、カエル、エビ、タニシ、水の中を泳ぐクラゲのような生き物などの人形を持ってきていただき、実際の動きを見せて頂いたり、子どもたちの代表が操ったりして、楽しい人形劇の空間を楽しみました。夏の公演が楽しみになる一時でした。

左上からカエル、その隣がエビ、下の左が水中を泳ぐ生き物、下の右がタニシです。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->