校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2018 年 7 月 のアーカイブ

金管バンドと合唱団 夏休み中の発表会

金管バンドと合唱団は、夏休み中にコンクールに参加します。7月24日の終業式の前に発表曲を全校に披露する会が行われました。1学期を通して練習を重ねてきた成果を、全校児童に発表してくれました。子どもたちは壮行の意味を込めて大きな拍手を送っていました。

金管バンドは、7月29日に松本市キッセイ文化ホールで行われる「第30回 長野県小学校バンドフェスティバル」に参加します。

合唱団は、8月2日に駒ヶ根市文化会館大ホールで行われる「第32回 長野県学校合唱大会南信Bブロック大会(兼 NHK全国学校音楽コンクール地区大会)」に参加します。

 

ページの先頭にもどる

1学期の思い出

1学期の出来事の一部を写真でまとめてみましたのでご覧下さい。

ページの先頭にもどる

旭ヶ丘中学校区 3校職員研修会

夏休みに中の7月27日 本校で「旭ヶ丘中学校区 3校職員研修会」が行われました。これは、旭ヶ丘中学校と、そこに進学する本校と飯田市立山本小学校の3校の職員が、「小中連携・一貫教育」を進める目的で研修会を行うものです。飯田市では、子どもたちの学力・体力の向上と生徒指導の充実および不登校問題などの教育的課題を解決するために、義務教育9年間を通して「小中連携・一貫教育」を進めており、それぞれの中学校区で各校の実情と地域の特色を生かしながら推進されています。本研修会では、3校職員で組織している「学習スタイル」「ふるさと学習・キャリア教育」「国語学習」「算数・数学学習」「英語活動・英語学習」「特別支援教育」「生活スタンダード」の6検討委員会からの報告と、「一歩先の旭ヶ丘中学校区 小中連携・一貫教育 ~次の一歩、私はこう踏み出す~」と題したパネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、パネラーの話を聞きながら、参加者それぞれが次の一歩をどう踏み出すのか、明日から子どもたちのためにどう動き出すのかを考えました。会の後半での参加者による意見交換では、「自分はここに力を入れていきたい。」「こんなことを大切にして日々の授業に臨みたい。」といった多くの意見が出て、外の酷暑を上回る熱い想いが語られました。3校職員で、学区の子どもたちのために、一歩動き出そうという気持ちを高めることが出来た研修会になりました。

「一人一人が考えよう 自分の「次の一歩」」 研修会のテーマです。

参加者からも自分の「次の一歩」が熱く語られました。

ページの先頭にもどる

1学期終業式

7月24日 1学期終業式が行われました。4月5日から登校日数75日間、桜が満開のスタートから、最近では毎日35℃を超す酷暑が続きアブラゼミが鳴いています。校長先生は、1学期の子どもたちの歩みをふり返った後、「恐るべし かたつむりの歩み」と題した話の中で、「一歩、また一歩の歩みがどんなに小さくても短くても、決して諦めてはいけないよと私たちに教えてくれています。」と話しました。記録的な暑さの中での夏休みが始まります。学校長の話はこちらをクリックしてご覧下さい

児童の発表は1年生と4年生でした。

私たちもかたつむりに負けないように、一歩一歩、あきらめずに歩みを進めていきたいものです。

 

ページの先頭にもどる

防犯訓練

7月18日 猛暑の中、防犯訓練が行われました。学校内に不審者が侵入したという想定で、各学級では入口を施錠したりバリケードを築いたりして、自分の身を守るための訓練を行いました。2年生のあるクラスでは、「身を守るためにどうしたら良いですか?」の問いに対して、子どもたちが「教室内に人がいないように見せるために、前に集まって机より低い姿勢になり、すぐに逃げられるように、おしりを付けずに立ち膝で待機する。」と答え実践しました。最後に警察の方のお話をお聞きし、「はちみつじま」に注意しようと教えていただきました。ちなみに「はちみつじま」とは、なしかけてくる人・かづいてくる人・つめてくる人・いてくる人・っとっている人のことです。

2年生 入口にバリケードを作り、教室の前に集まってじっと待機しています。

ページの先頭にもどる

パワーアップタイム

7月に入り、パワーアップタイムがパワーアップしています。校庭にサーキットトレーニングのコースを作り、様々な動きを行うことで体の各所の力を伸ばしていく時間になっています。10分ほどですが、子どもたちは気持ちのいい汗をかき、この積み重ねが子どもたちの体力向上につながることと思います。

ラダーをリズムよく走り抜けます。

コーンスラロームです。体のバランスをうまくとっています。

フラフープ走です。これもリズムが大切です。

低いハードル走です。ぎこちない走りながらもがんばっています。

大縄の下を抜けて走ります。縄に入るタイミングが大切です。

ページの先頭にもどる

地区子ども会

7月12日 本年度2回目の地区子ども会が行われました。今回は、夏休みの地区行事・奉仕活動の計画や、地区の約束事の確認、休みの決まりの読み合わせなどを行いました。PTAから地区評議員さんに来ていただき、お話をお聞きしました。子どもたちは、夏休みが近づいてきて、地区の行事を今から楽しみにしているようでした。

地区子ども会は、高学年の子ども達が計画し進行しました。

ページの先頭にもどる

社会見学(臨海学習) 5年生 その2

7月5日 5年生社会見学2日目です。昨日と同様、梅雨前線に加えて台風の影響で雨模様の1日でしたが、見学地では大雨に遭うこともなく、計画通りの1日を送ることが出来ました。はじめの見学地は中部国際空港(セントレア)でした。ボランティアのガイドさんが小グループについてくれたので、詳しい説明を聞きながら学習ができました。セントレアの次は、最後の見学地の名古屋港水族館でした。イルカショーを見てから、クラス毎に館内を見学しました。2日間を通して、係活動でそれぞれの責任を果たす姿や、友だちのことを考え支え合う姿、クラスみんなで仲良く学習クイズをしてバスの中で過ごす姿など、たくさんの輝く場面に出会うことが出来た社会見学でした。

中部国際空港では、色々な飛行機を見ることが出来ました。

名古屋港水族館では、磯の生物に触れる体験も出来ました。

 

ページの先頭にもどる

社会見学(臨海学習) 5年生 その1

7月4日・5日 5年生が愛知県方面に社会見学に行きました。台風の接近と梅雨の集中豪雨が心配される中、子どもたちは、準備をしてきた係活動などを責任もって実行し、思い出に残る社会見学を創りあげました。また一つ、学年・学級の団結が深まった社会見学になりました。

1日目 トヨタ自動車高岡工場、名古屋市科学館を見学し、宿泊地の知多半島を目指しました。風が強かったため、地引き網体験は出来ませんでしたが、宿舎でひもの作り・漁師さんのお話を聞く会を行いました。海のない長野県ですが、魚に触れたり、漁師さんのお話を聞いたりと、海に関わる体験が出来ました。

宿舎でのアジの干物作り体験の様子です。

ページの先頭にもどる

クラスマッチ(児童会運動委員会)

7月9日 児童会運動委員会主催のクラスマッチが行われました。運動委員会では、クラスの団結威力が高まり、全校が仲良くなるためにクラスマッチを計画しました。内容は、学級全員によるリレー競争です。この日はあいにくの雨でしたので、体育館で行いました。各クラスが、体育館の前後に2つに分かれ、中央のコーンを一周して走りバトンをつなぎます。体育館の中には、雨を吹っ飛ばすような大きな声援が響き渡りました。

6年生の様子です。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->