校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 6 月 のアーカイブ

根羽小との交流 虹

6月28日 根羽小の5年生6年生の皆さんが、伊賀良小学校に来て交流を行いました。それぞれの学年のクラスに入って、一緒に授業を行いました。6年生は、1校時に交流会を行い、体育館でレクリエーションや合唱の発表を行いました。伊賀良小の6年生は160名ですが、根羽小の6年生は6名でした。人数の多少はあっても同じ6年生ですので、すぐに仲良くなって一緒に勉強することができました。それぞれの良さを感じることが出来る交流でした。

少人数ですが、堂々とした姿勢で自己紹介をしてくれました。

交流とは関係ありませんが、午後にはきれいな虹が出ました。

虹が2本かかっているのが分かります。

ページの先頭にもどる

パワーアップタイムとなかよしウォークラリー

6月27日 朝の時間は、パワーアップタイムでした。この日は、1年生と2年生が校庭で「氷おに」を行いました。前回の4・5年生の時には、両手を挙げて2回タッチしてもらえたら氷が溶けて自由になれましたが、今回は仲間と指先でタッチすると自由になれる氷おにでした。雨模様の日で長靴の子どももいましたが、みんな元気に走り回っていました。

指先のタッチは、相手との親密度が増すようです。

休み時間には、児童会「なかよし委員会」と「花いっぱい委員会」の2つの委員会が協力して企画した「なかよしウォークラリー」が行われました。学校内の色々な場所に張り出されている問題を、姉妹学年のペアで協力して解いていくウォークラリーです。花いっぱい委員会は「学校のプラタナスの木と桜の木はどちらが多いでしょう」とか「夏に咲く花は何でしょう」「赤いバラの花言葉は何でしょう」など、花にちなんだ問題を三択形式で出題していました。子どもたちは、張り出された問題を探しながら、ペアの子どもと楽しい時間を過ごしていました。

上級生と下級生のペアが仲良く問題を解いていました。

ページの先頭にもどる

水泳学習始まる

6月26日 音楽会が終わり1学期のまとめの時期となりました。各学年では、プール開きが行われ水泳学習が始まりました。水温はまだ少し低いですが、気温は夏の暑さになってきており、水の感触が気持ちの良い時期になりました。これから、夏休みを挟んで8月の終わりまで水泳学習が行われます。

2年生は、じゃんけんをしたり、友だちを引っ張ってあげたり、みんなで並んで歩いたりと、水に慣れる活動を水の感触を楽しみながらおこなっていました。

ページの先頭にもどる

パワーアップタイムとクラブ活動

6月25日 朝の時間は、久しぶりのパワーアップタイムでした。校庭では、4年・5年生が「氷おに」をして、体を動かしました。この日の氷おには、おににタッチされると両手を挙げて凍ります。仲間の一人にタッチされたら片手を下ろし、もう一人にタッチされたら両手をおろして自由になるというルールでした。助けに来る仲間を鬼がねらっているのですが、そこをすり抜けてタッチするのが楽しいようでした。夏本番の暑さに近づいてきましたが、子どもたちは元気よく走り回っていました。

梅雨の合間のいい天気でしたが、蒸し暑い朝でした。

手を挙げている人は、鬼に捕まって凍っている人です。

6時間目には、クラブ活動がありました。理科実験クラブでは、地域で顕微鏡の製造をしている「ミナト光学」さんの方が顕微鏡を持ってきてくれ、顕微鏡観察を行いました。理科の授業ではあまり使わない「実体顕微鏡」を使って「昆虫・花・石」などを見ました。身の回りに当たり前のようにあるものでも、顕微鏡で見る世界は全く違い、子どもたちは歓声を上げながら観察を行っていました。

3人に2台以上の顕微鏡が用意できたので、自分が見たいものを夢中で観察をしていました。

ページの先頭にもどる

デンタルウイーク

6月24日 今週はデンタルウイークで、歯の健康を考える週間です。この日は、6年生で歯科衛生士さんによる歯科指導が行われました。子どもたちにとって、歯周病や歯周ポケットはテレビなどからよく聞く言葉ですが、歯科衛生士さんから正しい意味を聞いて理解することが出来たようです。磨き残したところを、薬品を使ってを赤く染め出し、丁寧に磨く練習をしていました。

昇降口には、各学年の虫歯の様子が掲示されました。

歯科指導の様子です。歯科衛生士さんから、正しい歯の磨き方を教えていただき、赤く染め出した所がきれいになるまで歯磨きの練習をしました。

ページの先頭にもどる

音楽会 感動をありがとう

6月21日 音楽会がありました。外は梅雨のやや蒸し暑い日でしたが、会場の体育館の中には、爽やかなメロディー・ハーモニーがあふれました。子どもたちが一生懸命に体全体を使い、歌い・演奏する姿は、見ているものに感動を残しました。もっと聴いていたいな、終わってしまうのが残念だなと思わせてくれる音楽会でした。素直でひたむきな表現はすごいなという思いを残してくれた子どもたちに「ありがとう」と伝えたい音楽会でした。

最後のプログラム 全校「歌よありがとう」は、音楽会を締めくくるのにふさわしい全校合唱になりました。

ページの先頭にもどる

いよいよ明日は音楽会

6月20日 音楽会前日になりました。各学年に時間が分担され通し練習が行われました。6校時には6年生が会場準備を行いました。準備が整って、いよいよあしたは音楽会です。

「~輝く歌声 ・ハー モニ一 一人一人が輝く星になろう~」

朝の時間 音楽会前最後の全校音楽です。他の学年が退場した後、6年生が最後まで残って歌っていました。

ステージバック 18日に「完成した… 」と書きましたが、あれから星が増えました。「あいさつ旬間」で作った各学年の6個の星が、ステージを飾っています。

ページの先頭にもどる

イタリアからの留学生 エリアーナさん来校

6月18日 本校にイタリアからの留学生、エリアーナ・バルボネッティ(エリーさん)さんが来校し、子どもたちと交流をしました。エリーさんは高校生で飯田高校に留学していますが、この日は小学生との交流を行いました。朝の全校集会で校長先生から紹介され、その後は外国語の授業を中心に高学年のクラスに入り、小学校での1日を過ごしました。エリーさんは、明るく終始にこやかな表情で子どもたちにも親しみやすかったようです。小学校での1日だけの経験ですが、子どもたちにとってもいい思い出が出来ました。

全校児童の前で自己紹介をしてくれました。

給食は6年生の教室で食べました。イタリアでは給食はなかったそうです。

ページの先頭にもどる

音楽会まであと少し 全校音楽

6月18日 朝の時間は全校音楽でした。音楽会まであと4日となり、子どもたちの全校合唱の歌声にも気持ちがこもっていました。音楽会のプログラムはこちらをクリックしてご覧ください。

ステージバックが完成し、ステージ上には6年生が発表の形で整列しました。

ページの先頭にもどる

メダカのたまごの観察 5年生

6月17日 5年生は理科の授業で「生命の誕生(魚)」の学習をしています。この学習では、メダカのたまごを継続して観察し、たまごの中の変化を調べていきます。5年生の子どもたちは、一人1個、自分のたまごを持って観察を行っています。この日は2回目の観察でしたが、「目がはっきり出来てきた」「心臓が動き出した」「血液が流れている」など、たまごの中の変化に驚きながら観察を行っていました。自分のたまごに名前をつけるなど、愛情を持っている様子も分かりました。

顕微鏡は2人に1台ですが、お互いにたまごの様子を比べながら、変化の違いにも気づいていました。

子どもたちが見ていたたまごの様子です。出来たばかりの目がはっきり分かります。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->