校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 8 月 のアーカイブ

2学期が始まって1週間

8月30日 もうすぐ9月になりますが、2学期はじめの週の出来事をいくつか紹介します。

27日(火)には、1年生が校庭でかけっこをしていました。曇り空で暑くなく走りやすい気候でした。これは、運動会の紅白やリレー選手を決めるためのかけっこで、各学年が取り組んでいます。運動会に向けて少しずつ動き出しています。

校庭整備を行いラインもきれいに引かれました。

 

28日(水)には、飯田女子短期大学の黒岩長造先生による「こころの授業」が、4年生の学級で行われました。黒岩先生は、本校のスクールカウンセラーであり、子どもたちのこともよく知っていてくれる先生です。「こころの授業」では、「怒りの気持ちをコントロールする」ことや「自分の気持ちを言葉で表す」ことの大切さを学習することができました。

グループで話し合って、お互いの心の中の色々な気持ちを出し合いました。

 

29日(木)には、朝の時間に久しぶりのパワーアップタイムがありました。雨降りで校庭が使えなかったので、1年生と2年生が体育館で活動しました。1年生は走り続けるおにごっこ、2年生は学級で手をつないで丸くなってみんなで気持ちを合わせて動く運動を行いました。やはり、体を動かしているときの子どもたちは、楽しそうで良い表情をしていました。

1年生は、体育館全体を使って走り回りました。白い帽子の子どもが鬼で、赤い帽子の子を捕まえます。だんだん白い帽子が増えていくので、「ふえ(増え)おに」と言われています。

2年生は、クラス全員で手をつないで丸くなって、合図に合わせて動きました。みんなの気持ちがそろうと楽しく、嬉しそうな表情の子どもたちでした。

ページの先頭にもどる

PTA子育て講演会

8月29日 PTA主催の子育て講演会が行われ、全校児童が参加しました。講師は、声優の加藤沙織さんで、「夢を叶える」という演題で講演をしてくださいました。加藤さんは、声優になる前に本校で教師をしていた方で、懐かしい体育館での講演会となりました。講演会では、実際の声優の仕事を知ってもらうために、子どもたちの代表がアニメーションのアフレコを体験しました。また、加藤さんが教師から声優の仕事を選んだときの心の葛藤を話してくださいました。子どもたちはこれからの生活で、自分の夢を叶えるために今日の話を生かしていってくれるものと思います。

男の子やお年寄りやナレーターなど、色々な声を実際に出して紹介してくれました。

ページの先頭にもどる

防災訓練

8月28日 9月1日は防災の日ですが、本校では一足早く防災訓練が行われました。緊急地震速報の訓練放送が入ると、子どもたちは一斉に机の下に身を隠しました。その後、大きな余震が来る可能性があるため、全校児童が体育館に避難しました。体育館では、消防署の方のお話しをお聞きしました。「とてもよく出来ました。」と褒めていただくと共に、「大きくなったら、今回の訓練を生かして家族や地域の方々を守ることが出来るようになってください。」と話してくださいました。いつ来るか分からない地震等の災害時には、このような訓練がきっと生きてくると思われます。

机の下では、揺れて机が動いてしまわないように、机の脚をしっかりつかんでいました。

今回の訓練では、落石や倒壊から頭を守るために、昨年度準備した防災ずきんをかぶって避難をしました。

ページの先頭にもどる

支援学級の販売活動

8月27日 休み時間の職員室では、支援学級の子どもたちが、自分たちが育てたジャガイモと手作り文房具の販売活動を行いました。今年は天気が安定していなかったので、栽培には苦労があったようですが、大きく育ったジャガイモを売ってくれました。今回の販売活動は、8月末にあるキャンプ活動につながっており、キャンプで作るカレーの材料や花火などの購入に使われます。楽しいキャンプになるように、子どもたちはがんばっていました。

お客さんへの対応もしっかりと出来ていました。

手作りのノートやティッシュ入れ、携帯用ビニール袋入れなど、心のこもった文房具も並んでいました。

ページの先頭にもどる

資源物回収 ありがとうございました

8月25日 PTAが主催する資源物回収が行われました。真夏の暑さではないものの、強い日差しで暑い中でしたが、たくさんの資源物が集まりました。ご協力に感謝申し上げます。集まった資源を換金したお金は、子どもたちの活動やPTAの活動に役立てていきたいと思います。

今回は季節がらかアルミ缶が多く集まりました。

ページの先頭にもどる

2学期始業式

8月23日 2学期が始まりました。30日間の夏休みの思い出をたくさん持って、子どもたちが登校し、学校が賑やかになりました。2学期の始業式では、3年生と5年生の代表の子どもが、2学期にがんばりたいことを発表しました。その後の校長先生の話では、夏休み中の出来事から「笑い」について話し、「自分も相手も元気になる「笑顔」を大切にしたいと思います」と結びました。校長先生の講話の内容はこちらをクリックしてご覧ください。

「来年の夏は東京オリンピックです」という話から始まりました。

2学期は運動会などの大きな行事があり、夏から秋、冬へと1年間の中で一番長い学期です。子どもたちが日々の生活を通して、目標に向かってがんばる姿をこれからもお伝えしていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

夏休み そろそろ後半

8月6日 30日間の夏休みは、8月7日で半分終わります。この日は、水泳に来る子どもたちや合唱団の子どもたちの声が聞こえました。合唱団は、8月2日に行われた「NHK全国学校音楽コンクール」の長野県学校合唱大会において、南信Bブロックの部で金賞となり県大会代表校に選ばれました。8月9日に塩尻市レザンホールで行われる県大会に参加するため、課題曲「わたしは こねこ」と自由曲「わたしが呼吸するとき」の練習を続けていました。先日の南信地区大会では、審査員の先生方から「明るく伸びのある歌声」「美しいハーモニー」「確かな音程」「バランスの良い響き」「豊かな表現」などたくさんの良い評価をいただくことが出来ました。それを生かして県大会でもがんばってくれることでしょう。

午前中の練習でしたが、体育館の中はかなり暑くなっていました。しかし、それを忘れるくらい爽やかな声が響いていました。

この日も水泳にたくさんの子どもたちが訪れ、気持ちの良い水の感触を楽しんでいました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->