校章

飯田市立伊賀良小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0151 飯田市北方3872-1 TEL 0265-25-7208 FAX 0265-25-7291

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘今日の出来事’ カテゴリーのアーカイブ

ホームページ切替のご案内

重要なお知らせ
学校のホームページが新しくなりました。
これからの情報更新はこちらをご覧ください。
新しいホームページはこちら
今までのホームページは2023年3月末で閉鎖予定です。

ページの先頭にもどる

パワーアップ 振り返り

3月3日 今日の朝の時間はパワーアップタイムの振り返りがありました。パワーアップタイムは、いがらっ子元気プロジェクトのひとつで、体と心をパワーアップすることを目標にして取り組んできました。残念ながら、今年度もコロナ禍のため、教室で学級ごと行うパワーアップタイムが多かったのですが、伊賀良ロープの使ったトレーニングや体の筋肉を整える(体幹)を取り入れた伊賀良トレーニング、マラソンなど、多くの運動を行ってきました。朝の15分ほどですが、パワーアップタイムを楽しみにしている子も多く、子どもたちの体力向上につなげられるよう、たくさんの活動が行われました。

ページの先頭にもどる

6年生を送る会

3月2日 今日は「6年生を送る会」がありました。コロナ禍で、全校が体育館に集まることはできないので、中心となって進めてきた5年生の代表児童が会議室からZOOMで発信し、その他の学年はオンラインで教室から参加しました。児童会を引き継いだ5年生が、初めて手掛ける大きな行事です。前日から昇降口や南校舎階段に素敵な装飾がされており、それぞれの学年から、ビデオ発表や教室からのメッセージ発表がありました。6年生はもちろんのこと、全校で楽しめる内容でした。年度末の忙しい中、どの学年も時間をやりくりして練習、準備をしてきました。最後には、6年生が校舎の外から各学年に言葉をかけてくれるサプライズもあり、とても心のこもった温かい会となりました。

ページの先頭にもどる

支援学級 卒業を祝う会

3月1日 2月24日(木)に支援学級の6年生を送る「卒業を祝う会」が行われました。6年生との生活の中で、今までお世話になったことや楽しく一緒に過ごしたことを振り返り、1年生〜4年生は装飾やプレゼント担当、5年生は司会進行やクイズ担当など、学年ごとに分かれて活動してきました。学年の発表やクイズ、思い出のスライドなどを一緒に楽しみました。6年生は4月から中学生です。中学校生活に向けて希望や目標をもって卒業してもらいたいとおもいます。気持ちのこもった温かい会が、これからも続いていってほしいと思います。

ページの先頭にもどる

理科実験の日 6年生 ロケット実験

2月28日 理科実験の日 6年生がモデルロケットの製作と打ち上げを行いました。先日の5年生の実験と同様に、南信州おもしろ科学工房の先生とボランティアの方々の協力で、午前中にロケット製作を行い、午後打ち上げをしました。この日は、天気が良く気持ちの良い青空でしたが、やや風がありロケットが風に流されないか心配されました。1本が桜の木にかかってしまいましたが、そのほか142本は無事に打ちあがり回収できました。子どもたちは、ロケットが打ち上がると歓声とともに目で追いながら、青空のはるか向こうの宇宙に想いをはせているようでした。

ページの先頭にもどる

プレ児童会  

2月25日 5年生の新役員による児童会委員会(プレ児童会)が行われました。プレ児童会というのは、児童会を引き継いだ5年生が中心になって進める児童会です。来年度の活動に向けて、新しい委員会活動が始まりました。新役員は、この日に備えて担当の先生に会の進め方などについて打ち合わせをし、準備を進めてきました。初めての進行は少し緊張していましたが、どの役員もやる気に満ちた表情で会を進めていました。

ページの先頭にもどる

地区子ども会

2月22日 今年度最後の地区こども会が行われました。春休みに向けて、地区内の危険個所の確認や自転車乗り、登下校の安全、雪や氷上での歩行や遊び方について話し合いました。今年度最後ということもあり、今年度の主に6年生の地区長の挨拶と来年度の新地区長の紹介、あいさつがありました。来年度も安全に過ごせるようしっかり引継ぎが行われるといいですね。

ページの先頭にもどる

理科実験教室 5年生

2月22日 5年生の理科実験教室が行われました。南信州おもしろ科学工房の三浦先生をお呼びして、液体窒素や超伝導体を使った実験を見たり体験したりすることができました。すでに工事が始まっているリニア中央新幹線の駅が、本校のある飯田市にできます。今回の実験は、リニア新幹線の原理にもつながるもので、子どもたちは興味深く実験に臨むことができました。

子どもたちは、目の前で起こる現象を見逃さまいと真剣な表情で見つめていました。

ページの先頭にもどる

プログラミング学習 6年生理科

2月21日 6年生は理科の授業でプログラミング学習を行いました。子どもたちが持っているタブレットと小さなコンピューターをつないで、電球をつけたりモーターを回したりするプログラムを作りました。光センサーを接続し、暗くなると明かりがつくプログラムなども作成しました。子どもたちは、初めは戸惑っている子も多くいましたが、作り方が分かってくると、電球を点滅させたり、モーターの回る速さを変えたりしながらプログラミングを楽しんでいました。

子どもたちが持っているタブレットとつなげています。プログラミングはタブレットで作り、小さなコンピューターに送って電球が光るのを制御します。

ページの先頭にもどる

校長講話

2月18日 朝の時間は、校長先生の話でした。今回も各教室に映像と音声を配信しての講話になりました。この日は「小さな親切運動 」についてのお話でした。「小さな親切運動」は、今から約60年前の昭和38年に、物理学者で第17代東京大学総長でもある、茅(かや)誠司先生が卒業式で語った挨拶がきっかけで始まったそうです。相手を想う何気ない行いを「小さな親切」と言います。具体的に「小さな親切」にはどんなものがあるのか「小さな親切 八か条」も紹介してもらいました。

「小さな親切」の積み重ねが「当たり前」になり、そして雪玉が大きくなるように全校に広がり、伊賀良小の「いいもの いいこと いい文化」の創造につながっていければいいですね。

校長講話の内容は、ここをクリックして学校だより「笠松山を仰ぐ」からご覧ください。

ページの先頭にもどる